魚露目×✘
今日は魚露目で昆虫撮影。
魚露目8号は言わばマンションの扉にある覗き穴(ドアスコープ)のようなレンズで、焦点距離がとても短く、被写界深度が深い。
一眼だとマスターレンズにアダプターをあてがって魚露目を取り付けるのだが、魚露目自体小さな筒状であるため、小さな花や虫にも寄りやすい。ただ、マスターレンズとの相性によっては良い結果が得られないらしく、私の所有しているEFS 18-55mmでは周辺が蹴られてしまう。


d0160827_21481679.jpg

ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides
後ろに写っている茶色いお尻は、ほったらかしにしていたジャガイモを掘り起こしている母。


d0160827_2153365.jpg

ハラビロカマキリ 褐色型 Hierodula patellifera
やはり緑色の個体が多いが、たまに褐色タイプも見かける。体色と不釣り合いなところにいるが、もともとは地面の上にいた。

d0160827_22296.jpg

d0160827_2235277.jpg




d0160827_2255512.jpg

トノサマバッタ Locusta migratoria
褐色型メスと緑色型オスの交尾。


色々な被写体に試したところ、私の腕の問題もあるが、カマキリやバッタなど表情が感じられる昆虫を写すと面白い。







ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chuu_toritori | 2011-10-12 22:20
<< Blue Tiger 黄金色の絨毯にStonechat >>