タグ:爬虫類 Reptilia ( 7 ) タグの人気記事
Blue Tiger
d0160827_2128557.jpg

ヤマカガシ Rhabdophis tigrinus tigrinus

「うちの畑にカラスがいる」
母がそんなことを言ったのはだいぶ前のことになる。カラスとはカラスヘビ、シマヘビの色素変異(黒化型)のことでそこそこ見れるものではなく、聞くところによるとペット業界では普通種の割に結構な値段で取引されるらしい。
どれどれと畑に行くと、あっちも黒い、こっちも黒い、見るヘビみんな黒ヘビだ。こりゃすごいと捕まえてはこねくり回す。いやあ君はカワイイネなどと背中をナデナデしていると、どうもヘビの模様がおかしい。体色の濃淡がシマではなくマダラの斑紋なのだ。私は模様に少々の疑問を残しつつも勝手にカラスヘビだと思い込んで一方的に戯れた。

それからしばらくたったある日、私はオニヤンマかハンミョウでも撮影しようかと散策しているとヤマカガシと出会った。最初は「なんだヤマカガシか」と棒でつっついたりしていたのだが、よく見るとこの模様どこかで見たような… げっ!もしかしてあいつらヤマカガシ?

ネットで調べてみるとやっぱりヤマカガシ。通常のヤマカガシは黒×赤×緑の体色だが、ここらの個体は特定の色素が抜けた"色抜け"の個体だらけだったのだ。写真のように青みの強い個体もいれば、黒っぽいものも、そして通常色と黒色の中間みたいな個体も見つかった。ヤマカガシは派手な色!としか認識がなかったが、体色変化のパターンが多く、このような色抜け個体は西日本に多いそうだ。

どっちにしろ、珍しいことには変わりないみたいだし、彼らから攻撃してくることはほとんどないので、咬まれないように気をつけながら撮影していきたい。今回は魚露目で撮ったので、次はマクロレンズで生態的なカットを押さえたい。







ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chuu_toritori | 2011-10-18 00:41
魚露目×✘
今日は魚露目で昆虫撮影。
魚露目8号は言わばマンションの扉にある覗き穴(ドアスコープ)のようなレンズで、焦点距離がとても短く、被写界深度が深い。
一眼だとマスターレンズにアダプターをあてがって魚露目を取り付けるのだが、魚露目自体小さな筒状であるため、小さな花や虫にも寄りやすい。ただ、マスターレンズとの相性によっては良い結果が得られないらしく、私の所有しているEFS 18-55mmでは周辺が蹴られてしまう。


d0160827_21481679.jpg

ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides
後ろに写っている茶色いお尻は、ほったらかしにしていたジャガイモを掘り起こしている母。


d0160827_2153365.jpg

ハラビロカマキリ 褐色型 Hierodula patellifera
やはり緑色の個体が多いが、たまに褐色タイプも見かける。体色と不釣り合いなところにいるが、もともとは地面の上にいた。

d0160827_22296.jpg

d0160827_2235277.jpg




d0160827_2255512.jpg

トノサマバッタ Locusta migratoria
褐色型メスと緑色型オスの交尾。


色々な被写体に試したところ、私の腕の問題もあるが、カマキリやバッタなど表情が感じられる昆虫を写すと面白い。







ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chuu_toritori | 2011-10-12 22:20
蟲熱再燃
夏の間は鳥影も少なく、代わりに昆虫を撮っている。
実は小学生の頃、僕は昆虫少年で毎年の自由研究は夏に採りためた昆虫の標本作成であったのを思い出した。将来の夢は虫博士!とか言ってた気がします。

d0160827_19111414.jpg

ベニシジミ Lycaena phlaeas
普通種であっても久しぶりに真剣に向き合ってい見ると面白い。

d0160827_19164085.jpg

オオシオカラトンボ♂ Orthetrum triangulare melania
ガラス細工のようなトンボをカッコ良く撮る。これが最大のテーマ。

d0160827_19222460.jpg

アオダイショウ Elaphe climacophora
この日最後に出逢ったアオダイショウ。1.5mくらいはあっただろうか。








ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
[PR]
by chuu_toritori | 2011-09-01 19:25
しましま
こいつも夜のラヤ山で見つけた。

d0160827_22502598.jpg


ホソユビヤモリの一種。小さくて縞模様がかわいかった。
[PR]
by chuu_toritori | 2010-12-06 22:44 | ランカウイ 2010年7-8月
トッケイ様
今回もトッケイヤモリ

d0160827_22491614.jpg


お美しいです!
[PR]
by chuu_toritori | 2010-12-05 10:55 | ランカウイ 2010年7-8月
ラヤ山の夜
夜も我々の活動は続く。
ラヤ山の林道には所々に水っ気のある排水溝があり、昼間の鳥見の際に下見をしておいた。
夜になれば爬虫類やら両生類の類が見られるかもしれない。

予想は的中!とんでものない奴が現れた!


d0160827_224875.jpg

トッケイヤモリ
学名Gekko gecko、ヤモリの中のヤモリである!
ウィキペディア先生情報によると最大全長35センチにもなる大型種だそうで、この個体も20センチは超えていたと思う。とにかくでかかった。その名の通り『トッケー!』って鳴くらしいけど聞けなかった。バリでは鳴き声を7回連続で聞くと幸福が訪れるらしいです。

こいつのサイケな色彩と、自分の"ヤモリ"の概念を覆す大きさに感激した僕は、帰国後色々調べてみた。

またまた、ウィキ先生情報によると・・・
①漢方薬の蛤蚧(ごうかい)として乾燥したトッケイヤモリが中国、香港で販売されている。効能は咳止めの効能、呼吸器官に効くとされる。アルコール度の高い酒に漬けこんで蛤蚧酒にしたり、粉末にして煎じて飲んだりする。
→ほほう。あんなどでかいヤモリを煎じて飲んだら豪快(蛤蚧)になれる気がする。

②ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。
→マジですか!飼えるんですか!これはいいことを聞いた!

ただ・・・
大型で顎の力が強く、性質が荒いため敬遠されることもある。噛まれても人命に危害を加えることはありえないが、思わぬ怪我をすることはあるので取り扱う場合は皮手袋を着用することが多い。大型種の上に協調性が無いため基本的には単独飼育となる。
→皮袋を使用とな。。。流石トッケイ様。惚れてまうやろー。そして協調性が無いって、このご時世ペットにも協調性求められるんですね(笑)


やたら文字数が多くなりましたが、そんでけ興奮した出来事だったのです。
爬虫類・両生類探しは初めてだったので良い経験をしました。
[PR]
by chuu_toritori | 2010-12-04 18:22 | ランカウイ 2010年7-8月
Kingfisher Hotel
ランカウイいちのカワセミ・ポイントは、とあるリゾートホテルのマングローブ・ウォークであった。
ホテルのプールの脇を大きなレンズを抱えて通り過ぎ、一般のリゾート客から好奇の目で見られるのを我慢した甲斐があり、カワセミ類は大サービスであった。



d0160827_22374556.jpg

d0160827_22381275.jpg

d0160827_22383698.jpg

ナンヨウショウビン Collared Kingfisher 午前中の強い日差しの中、けたたましく鳴いていた。


d0160827_2240679.jpg

d0160827_22403015.jpg

d0160827_2240566.jpg

d0160827_22411862.jpg

この個体は毛並み(羽並み?)が非常によく、光が当たるとエメラルドグリーンに輝き美しいことこの上ない!



d0160827_2242112.jpg

d0160827_22445256.jpg

チャバネコウハシショウビン Brown-winged Kingfisher
巨大なアカショウビン。ただひすらデカかった。


d0160827_2343695.jpg

ここでも見かけたアオショウビン



d0160827_2351637.jpg

ホテルの池にいたミズオオトカゲ?の子供。

d0160827_2361643.jpg

このトカゲは何と言う名前だろう?




d0160827_2141383.jpg

d0160827_2142425.jpg

おまけのクロサギ Pacific Reef Heron
ランカウイの旅で1番距離が近かった鳥。
[PR]
by chuu_toritori | 2010-10-15 22:27 | ランカウイ 2010年7-8月